葬儀にまつわるあれこれは専門業者へ任せよう|お電話一本で問題解決

思い出は永久に

プランで変わる

葬儀で必要になる相場の金額

御霊前

お葬式をするときに必要になるお金は、トータルで計算すると100万円単位になります。基本的に必要なのが葬儀会社のほうに納める費用です。これはお葬式で飾る祭壇のランクによって決まります。白木祭壇など立派なものになるほど費用が高くなります。また、会場のレンタル料も含まれる場合は、会場の広さによっても費用が上下します。 基本プランは一般葬で100万円、一日葬で50万円、家族葬で80万円、直葬で30万円くらいが相場です。これとは別にお通夜に参列した人たちに振る舞う通夜ぶるまいの飲食代としてだいたい20万円〜50万円、告別式料理が10万円、僧侶に支払うお布施代(戒名料や読経料も含む)として40万円ほどが必要になります。

最近人気のあるお葬式

お葬式は葬儀会社に依頼して行うものですが、お葬式とひとくちにいっても近年は常識にとらわれない形の自由なお葬式が増えてきています。散骨葬では「海洋葬」や「樹木葬」が人気です。海洋葬は海に遺骨を撒くこと、樹木葬は決められた野山に遺骨を撒くことです。「海洋葬プラン」がある葬儀会社では、遺骨を撒くためにクルーザーをチャーターしてくれます。また、一周忌には記念クルージングもできます。 自分らしいお葬式をしたい人や、形骸化した葬儀に疑問を持っている人に人気なのが「無宗教葬」です。無宗教葬は事前に家族だけで「密葬」を行い、その後ホテルなどで「お別れ会」というかたちで参列者を迎えて故人を偲ぶパーティーを行うのが一般的です。