葬儀にまつわるあれこれは専門業者へ任せよう|お電話一本で問題解決

思い出は永久に

代金カットの方法

費用をできるだけ抑える方法

合掌

葬儀をお得にするには、出来るだけ沢山の業者から見積もりをもらって、必要ないサービスは徹底的にカットすることです。そうすると最初の見積もり金額の三分の一以下に葬儀費用を抑えることが可能です。 葬儀費用の中で一番大きな割合を占めるのが葬儀業者に支払う仏式一式の費用です。葬儀業者に支払う費用は、祭壇のランクを下げたり、参列する人数を最小限にすることで減らす事ができます。会葬者の人数を減らす事で接待費が安くなり、借りる斎場も小規模なホールで済むので使用料も安くなります。 一般的な葬儀を行うと僧侶へ支払うお布施代が必要ですが、特に宗教にこだわらなければ、僧侶などを呼ばずに自由葬をすればお布施代をカットできます。

葬儀にかかる費用の相場

お葬式にかかる費用は、葬儀業者に支払うもの、施設に支払うもの、接待に使用するもの、お布施として支払うものに分けられます。葬儀業者に支払う費用は、祭壇、棺、枕かざり、遺影などの仏式葬儀に必要になるセット一式の費用、スタッフの人件費、死亡届などの手続き代行などの費用です。トータルで100万円位するのが常識です。施設のレンタル料が含まれている場合もありますが、含まれていない場合は別に施設に使用料5万円〜20万円を支払う必要があります。 飲食接待費は人数によって左右され、10万円〜50万円が相場です。お布施には地域ごとに相場があり、安いと5万円くらいで済みますが、戒名のランクによっては100万円以上することもあります。