葬儀にまつわるあれこれは専門業者へ任せよう|お電話一本で問題解決

思い出は永久に

ピックアップ

プランで変わる

御霊前

埼玉の葬儀会社では、式にかかる平均的な金額としてだいたい100万円単位での費用が必要となります。一般層で100万円、一日葬で50万円、直葬で30万円とそれぞれのプランによって費用も大きく変わってきます。

More...

負担軽減

花

東京の遺品整理の業者は、遺品の整理を遺族に変わって行ってくれます。心や体に大きな負担となる遺品整理は、こうした業者に依頼することでその負担を大きく削減させることができるのです。

More...

代金カットの方法

合掌

大阪の葬儀会社では、必要としないサービスを削ることにより、費用を徹底してカットすることができます。祭壇のランクを下げることや、僧侶などの呼ばない自由葬を洗濯することにより、代金を大幅にカットできるのです。

More...

変わった埋葬の方法

葬送方法の変化について

数珠

少子化が問題視されている近年では、墓を守っていくことが現実として不可能になっている家が多くあるのです。無縁仏になってしまうことを、避けるために墓じまいをする人も増えてきています。最終的な方法としては、寺院などにお願いする永代供養をお願いするのもいいでしょう。そして、散骨といった形を選ぶのも残された遺族と故人の自由なのです。散骨は、近年急に増えてきた葬送方法の一つになります。日本の場合は、遺体を火葬にしたあとのお骨を、墓地に埋葬するのが一般的です。埋葬を行うには、埋葬するための許可証が必要となり法律もしっかりと定まっています。しかし埋葬以外の、方法に関しては特段に規制がなかったのです。したがって、法的には散骨を罰することはできませんでした。散骨される海、山、川の周辺に住む住民たちの感情と水源地確保の観点からも、問題視され規制の対象となったのです。

散骨するにあたっての注意事項

散骨が規制の対象となったことで、実行すれば違法行為になってしまうのだろうか。答えは、否です。しかし違法行為とまではいきませんが、自治体によっては規制が設けられるようになったのは確かです。海外でも散骨は行われていますが、同じ国の中でも州によっては許可されていない場合もあります。許可されていても、海岸から一定の距離がある場所からなら散骨できるといった具合です。もしも海外での散骨を考えているのなら、諸手続きが言葉の問題で難しい場合もあります。そんな時には、費用がかかっても専門の業者に依頼した方が賢明です。日本国内でも、散骨に関しての条例を発している自治体が幾つかあります。業者に依頼せずに、自分たちで執り行うことは可能ですが事前に、禁止条例などの規制がされていない地区を選ぶ必要があります。そして散骨するにあたって骨は、粉骨しなければいけません。

オススメリンク